多摩の未来の地勢図 cleaving art meeting とは

多摩地域を舞台に、地域の文化的、歴史的特性をふまえつつさまざまな人々が協働、連携するネットワークの基盤づくりを進めます。
多摩地域は、東京23区に比べて広大な面積を有し、かつ多摩川や奥多摩といった地理的な特徴、都心から放射線状に開発された電車網とそれに付随した宅地開発など多様な特性を有しています。

多摩地域は高度経済成長期に大規模な人口流入があり、多摩ニュータウンをはじめとした様々な開発は都心への通勤者を支えました。一方でその動きは多摩地域が持っていた農業地としての基盤を根底から覆し、昼夜間人口比の低い比較的均質な、いわば都心へ通勤する人たちを支える郊外地としての性格を強くしました。

この歴史は、戦前から戦後、今日に至るまで、日本社会の現代史を体現するような側面も有しています。特に、地方からの大規模な人口流入、エネルギーや水資源の供給は、東京を取り巻く近県にとどまらず、東北や甲信越、ひいては遠く日本の隅々にまで及ぶものであったと思われます。

今日、高度成長期に都心から郊外へ拡張した人口、あるいは地方からの流入した人たちは核家族化―高齢化し街は短期間で大変化の中にあります。
本事業では、以下のプロジェクトを通じ、多摩を日本の現代社会を考えるための一つの象徴としてとらえ、そこにある諸課題が照らし出す事象を通じ、私たち自身の暮らしを見つめ直すことを試みます。

  • 多摩の未来の地勢図をともに描く ― 辺境としての東京を外から見る
  • ゆずりはをたずねてみる ― 社会的養護に関わる人たちとともに
  • ざいしらべ 図工 ― 技術と素材について考える
  • たましらべ

cleaveという動詞には、「切り裂く」という意味と、「くっつく」という意味があります。切り離すことは接合することではありません。けれども、ごく単純に考えて、切り離すことは、切り離された対象を強くクローズアップさせる、そもそも、切り離すべく何かがなければ、切り離すという行為は存在しません。切り離すことはより強く結ばれていた実態を炙り出します。

首都東京を辺境として外から見ることを試みる、あるいは自分自身に執着する「わたし」を、辺境とし外から見ることを試みるとき、辺境としてのそれらを照らす光として、水俣、沖縄、福島、あるいは新潟といった、近現代の日本を支えた地に助けを借りたいと思います。反転させてみること、あちら側からこちらを見ること、これらを成すために、アートは時に思いもよらない(危ういながらも確たる、そして変わり続ける事を肯定する)足場を提供します。

水俣や沖縄、福島に立ち、首都東京を見ること、東京あるいは多摩を相対化し、立脚点をずらし、視点を変えていくことで、これからの私たちの暮らしについて、新しい眼差しを得ることができないか、という仮説でもあります。立脚点をずらしていくこと、その回転運動が血流をよくし、あるいは呼吸をしやすくするのではないか?

どのように、自分自身を外に向け、可能性を見出そうとするのか? その先にどのような空間を、関係を形作ることができるのか、対象と我、の距離を創造的に昇華させる道筋を、社会、のなかで探ってみたいと考えます。

主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、特定非営利活動法人アートフル・アクション

* 本事業は「東京アートポイント計画」として実施しています。

4つのプロジェクトについて

多摩の未来の地勢図をともに描く ― 辺境としての東京を外から見る

私たちの生活に甚大な被害を及ぼす災禍であるコロナ禍は、私たちが目を向けてこなかった社会の、私たち自身の暗部と脆弱さをあらわにしました。同時に、他者と生きることの意味や大切さに改めて焦点をあてる契機ともなっています。

先行きのわからない今、自分たちの足元や身の周りに目を向け、手や身体をつかい、生活と街のこれからについて考え、他者に、周囲に働きかける試みをはじめます。

本ワークショップは、フィールドワーク編、レクチャー編の二部構成で行います。

フィールドワーク編では、地域で活動するために欠かせないフィールドワークとはどのようなものか理解を深め、実践するために、写真家・豊田有希さんの活動にみちびかれつつ、参加者が各自のフィールドを探し、向き合うための立ち方、術(すべ)について考えます。

レクチャー編では、出来事、物事の見方、取り組みに関する認識を拡張するために、水俣、ハンセン病、社会的養護といったフィールドで活動する人々をゲストに迎え、話を聞きディスカッションする場を設けます。

本年度の後半では、フィールドワークやレクチャーと並走しながら、参加者がそれぞれのフィールドでリサーチや制作に取り組むことも予定しています。

期間:令和3(2021)年9月から令和4(2022)年3月まで (全14回程度)

フィールドワーク編
「辺境としての東京を外から見る」(7回程度)
ゲストアーティスト:豊田有希(写真家)

レクチャー編
「プロジェクトの「技術」を得、試みる」(7回程度)

ゲスト

高橋亜美(社会福祉法人 子供の家 ゆずりは 所長)
永野三智(水俣病センター相思社職員)
木村哲也(国立ハンセン病資料館学芸員)
高橋伸行(愛知県立芸術大学教授)

豊田有希(とよた ゆうき)
1987年生まれ。その土地の風土や暮らしを見て得るだけでなく感じ得ていきたいと、住んでいる地域の周辺を主なフィールドとして撮影を行い、潜在化する人権や差別など社会問題への意識を根底にもちつつ、土地や人物の魅力をとらえることを目指している。「山間地、半数に水俣病」という1枚の新聞記事を見たことをきっかけに、熊本県芦北町黒岩地区に通い、その後、水俣市に移住。2016年から農作業の手伝いなどをしながら撮り続けた写真を「あめつちのことづて」シリーズにまとめる。

高橋亜美(たかはし あみ)
社会福祉法人 子供の家 ゆずりは 所長
1973年生まれ。日本社会事業大学児童福祉学部卒業。
社会福祉法人子供の家が運営する自立援助ホーム「あすなろ荘」の職員として9年間勤務後、同法人が立ち上げた児童養護施設や自立援助ホームを退所した人たちを対象とした無料の相談所 アフターケア相談所「ゆずりは」所長に就任。
http://www.acyuzuriha.com/

永野三智(ながの みち)
1983年熊本県水俣市生まれ。2008年一般財団法人水俣病センター相思社職員になり、水俣病患者相談の窓口、水俣茶やりんごの販売を担当。同法人の機関紙『ごんずい』に「患者相談雑感」を連載する。2014年から相思社理事、翌年から常務理事。2017年から水俣病患者連合事務局長を兼任。単著に『みな、やっとの思いで坂をのぼるー水俣病患者相談のいま』(2018年、ころから株式会社)。
一般財団法人水俣病センター相思社 https://www.soshisha.org/jp/

木村哲也(きむら てつや)
国立ハンセン病資料館 学芸員
1971年生まれ。神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科博士後期課程修了。博士(歴史民俗資料学)。周防大島文化交流センター(宮本常一記念展示室)学芸員等を経て、2018年4月より現職。著書に『「忘れられた日本人」の舞台を旅する―宮本常一の軌跡』(河出書房新社、2006年)、『駐在保健婦の時代1942-1997』(医学書院、2012年)、『来者の群像―大江満雄とハンセン病療養所の詩人たち』(編集室水平線、2017年)などがある。
*国立ハンセン病資料館 https://www.nhdm.jp/

高橋伸行(たかは しのぶゆき)
アーティスト、やさしい美術プロジェクトディレクター、愛知県立芸術大学教授。1967年愛知県生まれ。2002年から「やさしい美術プロジェクト」を開始。 大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2006、2009参加。瀬戸内国際芸術祭2010、2013、2016、2019参加。国立療養所大島青松園での取り組み「つながりの家」を企画運営。2011年東日本大震災支援「ひかりはがき」を実施。これまでに愛知県厚生連足助病院、小牧市民病院、新潟県立十日町病院、発達センターちよだ、老人福祉センターぬくもりの里、国立療養所大島青松園にてアートプロジェクトを展開。2015年には「旅地蔵ー阿賀をゆくー」(水と土の芸術祭2015 出品作品)を発表。足尾に由縁のある渡良瀬川の石でできたお地蔵さんと共に新潟水俣病が発生した阿賀野川を草倉銅山に向け徒歩で遡上した。

ゆずりはをたずねてみる ― 社会的養護に関わる人たちとともに

社会が一層の複雑さを増す中、さまざまな事情で親元で暮らせない子供たち、児童養護施設などで子供たちを支援する人たち、施設を退所した人たち、そして、彼らとともに地域で暮らす人たちがいます。特別なこととしてではなく多様な背景のたくさんの人たちが、音楽やダンス、心と身体をほぐすための小さなエクササイズをともにして、肩から力を抜き、隣あう人々と緩やかに出会い、日々を重ねる、そんな時間と場を、みなでつくります。

ゲスト

花崎攝
シアター・プラクティショナー、野口体操講師。ロンドン大学ゴールドスミス校芸術学修士。専門は、演劇を人々の生活の中で活かし演劇の可能性を広げる応用演劇

松村拓海
ミュージシャン  音楽家 音楽理論、即興、楽譜読み書き、レッスン生常時受付中。http://takumijazzflute.tumblr.com
共演参加 俺はこんなもんじゃない / 菅原慎一 / nariiki / 恥御殿 / 黒岡オーケストラ / ソボブキ / Kenichiro Nishihara / 菊地雅晃 など

原田真帆
ダンサー 神奈川県生まれ。東京都在住。幼少期より井上恵美子に現代舞踊を師事。立教大学現代心理学部映像身体学科卒業。在学中は松田正隆やチョン・ヨンドゥの元でダンスや演劇、哲学や心理学など様々な視点で表現の在り方について学び、学内や学外で意欲的に作品を創作、発表。現在はフリーランスで活動しながら、身体と言語の関係性を模索中。2015年より乳幼児のための舞台芸術に積極的に取り組んでおり、ダリア・アチン・セランダーやアリツィア・ルブザックなどをはじめ海外の様々な演出家の作品にパフォーマーとして出演。

ざいしらべ 図工 ― 技術と素材について考える

» プロジェクトのページへ

この事業は多摩地域の小学校の図工専科教員を主な対象に、手に入れにくい自然素材や大型素材の提供、伝統的な技術や技法、素材、ICTに関するワークショップなどの企画、実施を通じ、授業における表現や造形の拡張をうながすきっかけを作ります。また、伝統技術の取得だけではなく、技術が持つ広がりや役割、歴史的な背景について知見を深めていきます。それら素材や技術に関する情報、ワークショップや授業の様子を整理し、アーカイブすることで教員間、教員と資材を産出する地域とのネットワークの形成をはかり、地域の特性を授業や子どもたちの成長に活かすことにつなげます。

生産性や利便性が偏重され、身のまわりの大半が人工物で成り立つようになっている今、自然素材や原材料、それに紐づく技術に触れる機会は減っています。さらに、コロナの影響で遠隔授業が増えたことにより、自然やものに対する知覚や身体感覚の変化が懸念されます。このような状況の中、図工などの授業を通して出会いにくくなっている技術や素材に触れ、身体的かつ感覚的な体験を深め、リアリティを持って世界を知っていく過程は、これから様々な困難に直面していくであろう子どもたちになくてはならない経験であると考えます。

スタッフ

瀧本広子
南画家山本六郎に師事。日本画、伝統技術研究家。著作「つくって楽しむわら工芸」「つくって楽しむわら工芸2」農文協刊
宮下美穂(NPO法人アートフル・アクションスタッフ)
森山晴香(NPO法人アートフル・アクションスタッフ)

たましらべ

私たちは自身の住む土地のことを実は何も知りません。土地に積み重なる土壌、自然、歴史、文化、暮らし、人、様々なことを、それぞれが、少しづつ考え、知り、そして見つめ直すためにはじまったのが「たましらべ」です。ひと月に2回くらいのペースで、知りたいことのある人が調べ、そのことを共有し、皆で話しあいます。

スタッフ

鈴木幹雄 国立市谷保にあるシェアハウス:コトナハウスオーナー。赤坂の東京農村クラブの運営やこくぶんじカレッジ事務局、武蔵野三鷹小金井となりまちプロジェクト、株式会社D-LANDなどで地域に関わっています。

実施団体について

企画展、イベント、講演、ライブなど、様々なアート活動を行っています。NPO法人アートフル・アクションが目指しているのは、アートと出会った人が自分自身の新しい可能性を発見し、豊かな生き方を目指していくきっかけや場をつくることです。市民、自治体、学校、他のNPO、企業などと連携しながら、「地域におけるアート」の可能性を探究しています。

団体概要

名称
特定非営利活動法人アートフル・アクション

所在地・連絡先
〒184-0004 東京都小金井市本町 6-5-3
シャトー小金井 2 階 小金井アートスポット・シャトー2F

TEL/FAX 042-316-7236

E-mail mail@artfullaction.net