miro (ホワイトボード)について

毎回メモのような議事録をここに書いていきます。枠の右下の+−マークにマウスをかざしていただくと、表示オプションが出てきます。三つあるマークの中で一番左端にあるFullscreenマークをクリックすると、大画面で見ることができます。(+−マークで画面の拡大、縮小が行えます。)

たましらべのきろく

  • 2021年9月27日(月)

    「多摩ニュータウンって、どうしてああいうふうにできているのだろう?」(by 鈴木さん)

    詳細をみる ⇓ ホワイトボードをひらく

     多摩=多摩ニュータウンというイメージがどうしてもあります。そんな多摩ニュータウンは一体どうやってできたのか。鈴木さんが調べてきたその成り立ちの話を聞きながら、つい最近行った諏訪団地のこと、団地に隣接する商店街のこと、そこから生協のことや、昔よく見かけた物売りのことなどへと話が広がっていきました。

    参照リンク:
    「多摩市史」通史編2(多摩市立図書館 多摩市デジタルアーカイブ)
    東京の水道水源(東京都水道局)
    生協の歴史 (日本生活協同組合連合会)
    新日本風土記「多摩丘陵」(NHK BSプレミアム)
    街の変化1960年〜(地理院地図)

    添付資料
  • 2021年10月11日(月)

    「商店からみる多摩の暮らし」(by 辻さん)

    詳細をみる ⇓ ホワイトボードをひらく

    多摩丘陵が自然から団地に変わる中での生活の変化を、商店街の誕生と移り変わりから考えます。生活を営む上で欠かせない商店というものから、多摩における生活そのものの変化を考えてみたいと思いました。(辻)

  • 2021年10月25日(月)

    「よく会いに行く農家さんのはなし」(by Yさん)

    詳細をみる ⇓ ホワイトボードをひらく

    今回はYさんが取材中に出会ったという、府中にお住いの農家のあばあさんのお話をしてもらいました。昔は酪農をやっていて、多摩川の方で水田をやっている農家さんから藁をもらっていたましたが、水田が住宅になり、藁が入らなくなってしまいました。その後、千葉から入荷、そしてその後は韓国からも入荷していたが、いずれも輸送費が高くて続けられなくなり、ほぼ同時期に多くの酪農家が辞めていったそうです。(25年~30年ほど前)

    参照リンク:
    「府中はたけ日和」(トランジションタウン府中農援隊)
    公図における「赤道と青道」とは(『 i 不動産』のブログ)

  • 2021年11月15日(月)

    「八王子の由木村で会った鈴木さんと冨永さんに聞いた話とか」(by 森山さん)

    詳細をみる ⇓ ホワイトボードをひらく

    八王子の由木村で、鈴木さんと富永さんにお会いしました。そのお二人にお聞きした話をしながら、元からその土地に住む人と、移住してきた人の関係性の話や、繋がりというものはどのように作っていくことが可能なのか、みなで考えました。

  • 2021年11月29日(月)

    「多摩ニュータウンのトイレの話」(by 早崎さん)

    詳細をみる ⇓ ホワイトボードをひらく

    今回は多摩ニュータウンの公衆トイてについての話でした。多摩ニュータウンにはオープンスペースが多く存在し、そこには様々な形をしたトイレがあります。トイレの写真を眺め、それぞれの形にどういった意図があるのだろうか、と想像を膨らませつつ、公衆トイレの歴史や、オストミートイレの歴史、トイレに貼られる張り紙に書かれるお願い文の地域性について知り、考えました。

    参照リンク:
    企画コーナー展示「多摩ニュータウン トイレたんけん隊~Mr.ベンと巡るトイレとうんちの時空旅行~」(東京都三多摩公立博物館協議会)
    先進的な公園のトイレ 多摩ニュータウン 知られざる歴史紹介(東京新聞 TOKYO Web)

  • 2021年12月20日(月)

    「玉川上水のあれこれ」(by Sさん)

    詳細をみる ⇓ ホワイトボードをひらく

    1年ほど前、玉川上水にかかる小金井橋から見える風景が変わりました。玉川上水沿いの桜並木のために、整備が行われたようです。小平市側はいまだに雑木林が残っていますが、小金井市側は桜並木を残してすっきりとしています。そのことを考えながら玉川上水の歴史を振り返り、何故小金井桜以外の雑木を伐採することになったのか、「風景を残す」ということはどういうことなのか、みなで考えました。

    添付資料
    • 皆伐区間(小金井側)2021.9.20-1
    • 皆伐区間(小金井側)2021.9.20-2
    • 皆伐区間(小金井側)2021.9.20-3
    • 皆伐区間(小金井側)2021.9.20-4
    • 皆伐区間(小金井側)2021.9.20-5
    • 皆伐区間(小金井側)2021.12.5-2
    • 皆伐区間(小金井側)2021.12.5-1
    • 剪定区間(小平側)2021.9.20-2
    • 剪定区間(小平側)2021.9.20-3
    • 剪定区間(小平側)2021.12.5
  • 2022年1月10日(月)

    崩岸辺にてー稲城の崩される山(by片桐さん)

    詳細をみる ⇓ ホワイトボードをひらく

    今日は「崩岸」(アズ)についての話でした。崩岸とは崩れた崖地の普通名詞です。Yさんの農家さんの話の時に、稲城の大丸の話になりました。東京競馬場の土として利用するために使われたそうで、確かにそこには削られたような跡があります。今まで削られた風景に対してあまり違和感を持ってこなかったことや、今も開発が続く稲城の南山の風景の変化に感じることについて話しました。

    参照リンク:
    「崩岸の上に」(安島喜一)
    「都民の文化財 ありがた山墓跡群」(亀井碩哉)
    「里山をコモンズとした稲城市南山のまちづくり」(筑波大学大学院環境科学研究科 大澤のり子)

    添付資料
  • 2022年1月24日(月)

    「たまの水道」(by 鈴木さん)

    詳細をみる ⇓

    人間の住むところと水は切り離せません。「多摩」には、水道の水源という位置づけと、戦後、消費地となった背景があります。そういった事実を整理しながら、水の流域に住む人と、水を消費する人、その場所で生活を維持していくことと、その水で生きていくことなどについて話し合いました。

    参照リンク:
    米国に広がる巨大ダム撤去ムーブメントとは?(瀬戸内千代)
    Is Water Safe to Drink – 各国の水道が飲めるかどうかを可視化した世界地図 (akky’s work blog)
    第2節 循環型社会の歴史(環境省)

    添付資料
  • 2022年2月9日(水)

    「ふりかえり」

    詳細をみる ⇓

    今回はたましらべがまだ閉じられた会だった頃に話された内容の共有を行いました。

    まずは宮下さんから「萩山実務学校」の話。「不良行為をなし、又はなすおそれのある児童のほか、環境上の理由により生活指導等を要する児童を入所させ、必要な指導を行い、その自立を支援するとともに、退所した児童に対し、相談・援助を行うこと」を目的としているそうです。(東京都福祉保健局HPより)「自立」という意味についてや、一県に一校存在するこの学校のはたしている役割について皆で話してみました。

    森山さんは、第一次世界大戦〜第二次世界大戦までの間に多摩地域に存在した軍事施設や、関連施設、戦争遺構などを記した地図をみんなで眺めながら話しました。なぜ多摩地域に多くの軍事施設が存在したのか、なぜ立川がかつて「軍都」と言われたのか、その成り立ちや歴史を振り返りながら、現在の地図と照らし合わせました。

    鈴木さんは日本の集合住宅の歴史と中央線の歴史について。ロンドンの田園都市構想を参考にした話や持家政策の話、中央線がなぜ開発されたのか、鉄道の開発が当時の日本の産業と密接に関わっていた話などでした。

    参照リンク:
    東京都立萩山実務学校(東京都福祉保健局)
    「児童自立支援施設のあり方に関する研究会」報告書のとりまとめについて(厚生労働省)
    児童自立支援施設を知っていますか?(こども劇場西多摩)
    全国自立支援施設協議会
    多摩丘陵に残る地下壕(タウンニュース)

  • 2022年2月22日(火)

    「多摩とうんこと米軍がもたらしたもの」

    詳細をみる ⇓

    うんこに関して、様々な話がされ、盛り上がりました。うんこの話はみんな好きなようです。

    「米軍、うんこ、多摩の茶飲み話」(Sさん)
     私が小学生の頃、転校生にお弁当を分けてもらった記憶がある。それがサンドイッチで、生のレタスが挟んであった。今まで食べたことがないもので、すごく美味しくて、衝撃でした。生の野菜をそうやって食べることは今までなかったと思う。時代から言えば「洗浄野菜」がちょうど出始めた時代だったのかなと。その子の家はお医者さんで、開業するために引っ越してきた。衝撃がたくさんあった。その子の家に行ったら若いお母さんが出てきたり、紅茶が出てきたり。紅茶のことを、当時は「アメリカひじき」と言った。

    「うんこはどこから来て、どこへ行くのか。」(鈴木さん)
     太平洋戦争の時に汲み取りする人が減ってしまったそうです。「黄金列車」が郊外へ屎尿を運搬し続けたと言います。

    「「多摩のあゆみ〜米軍基地と多摩」を読んで」(鈴木さん)
    日本人の下ごえを使って作られた野菜は食べたくないという駐留米軍兵士の要望があった。

    「洗浄野菜の話」(Tさん)
    レタスは奈良時代には伝来していたが、生食の文化はなかった。生で食べられるようになったのは戦後から。
    洗浄野菜の概念が生まれてから蟯虫検査の蟯虫率が下がった。戦後すぐは90%と言われていた。農家の家庭とか貧困の家庭が自家栽培でやっていたので。完全に0になったのは2001年。

    「子どもたちの声が聞こえる」(宮下さん)
    小金井神社の隣に回帰船保育所があった。共同保育所で、男性の保育士がいて、手で子供の鼻を噛んで、葉っぱで手を拭いたりしていた。子どもたちが好き放題遊んでいて、その日どう遊ぶかなども子どもたちが決めていた。トイレに行きたくなると、その辺でうんちしたりしていた。排泄を自分でコントロールしていた。今は管理されているけど、そういう野原で用を足す自由というか、排泄を自分で選べることは面白いなあと思った。色々な問題はあるけどね。

    「外国で、野外でうんこをした話」
    大人になってから外でうんこをしたことがある。すごい思い出深い。それ以降やったことがない。絶対無理とかそんな感じではなかったなと。本当に小さい時は全然してた。そういう経験があったから大人になってもできたのかなと。

  • 2022年3月9日(水)

    「もう一度うんこ、忌避されるもの」

    詳細をみる ⇓

    「多摩とうんこ」編第二弾。
    今回はうんこそのものより、それを扱う人に着目した回でした。「し尿汲取り」の高杉さんの話。うんこと差別の話。学校でうんこができない子どもの話。昔より匂いに過敏に反応するようになったりと、うんこすら自由にできないこの世の中に生きづらさを改めて感じる今日この頃。うんこドリルはみんな好きなのにね。

  • 2022年3月30日(水)

    「府中の農家さんを訪問した話と千里ニュータウンの話」

  • 2022年4月25日(月)

    「多摩に住む人はどこからきたのか」(仮)

  • 2022年5月16日(月)

    「伊勢原の気になること」(by襟草さん)

    詳細をみる ⇓

    今回は襟草さんに伊勢原の気になるところについて、話してもらいました。
    >>「伊勢原」の名前の由来は伊勢国から来た人が土地を開墾したからという説がある。同祖神の多い伊勢原の、文化的に面白い話、多摩からもよく見える「大山」の話、昭和9年に高部屋地区に設立された恩賜財団母愛育会の話等が展開された。恩賜財団母愛育会は母親や子どものサポートを行う会で、当時全国で5箇所サポート場所が選ばれたが、高部屋地区は最初の地区だった。当時の高部屋地区は全国から見ても、衛生状態がよろしくなく、子どもが亡くなる率が高かったようだ。

    後半は場所を跨いだ文化の広がりの話になりました。
    >>「廻地蔵」や「ヨウカゾウ」といった風習が伊勢原には存在するが、他の地域でもそれはみられる。昔は今の自治体のような境目はなく、地域はもっと広かった。自治体の区分けより広いエリアで文化圏は繋がっていると、今も感じることがある。

    参照リンク:
    今井の廻り地蔵(熊谷デジタルミュージアム)
    「廻り地蔵」(Erikusa Tei 都筑アートプロジェクト2020「パラダイスから遠く離れて〜土地に刻まれる記憶とアート」出品作品)
    子育て地蔵とまわり地蔵信仰(横浜市)
    一つ目小僧・ヨウカゾウ(海老名市)

  • 2022年6月6日(月)

    「ジブリのゆかりの地」(by早崎さん)

    詳細をみる ⇓

    小金井市に住んでいたらジブリゆかりの地にたびたび出会いました。
    最初はこんな日常からファンタジーを生み出せるなんてすごいと思いましたが徐々にこの風景を見ていきなりファンタジーを思い付いたのではなく、頭の中にあるものが風景と結びついたのだとか、ダイダラボッチを考えた昔の人のことを思うと、ネットがなければファンタジーは結構身近だとか、そういうことに気が付きました。(早崎)

    添付資料
  • 2022年6月27日(月)

    「オオカミの護符」について(by片桐さん)

    詳細をみる ⇓

    関東に今も息づくオオカミ信仰の謎を追ったノンフィクション作品『オオカミの護符』の内容を紹介。信仰もさることながら、「土地」と向き合うとはどういうことか、著者・小倉惠美子さんの実践に焦点をあてました。(片桐)

    参照リンク:
    オオカミの護符(新潮社)
    「オイヌサマ人気投票」結果発表ー!(世田谷デジタルミュージアム)

    添付資料
  • 2022年7月19日(火)

    「リヒターを起点にみんなで話す」

  • 2022年8月9日(火)

    「わたしのお散歩ふぉと」(by 松田さん)

    詳細をみる ⇓

    コロナによる外出自粛を余儀なくされ鬱々とした日々が続くなか、唯一の楽しみだったのが買い出しの道すがら、身近なものを観察し撮影することでした。そこで撮りためたわたしの写真と現代美術家である赤瀬川原平氏の「トマソン」・「路上観察」関連の書籍紹介を2本の柱にして、散歩写真の愉しみについて考察しました。(松田)

    添付資料
  • 2022年8月30日(火)

    「コロナの終わりについて」(準備中)

  • 2022年9月14日(水)

    「宗教」(準備中)

  • 2022年10月2日(日)

    「オオカミの護符上映会&トークショー」(準備中)